SPEC性能について

HOME > 性能について

『CC断熱仕様』で夏は涼しく 冬は暖かい!優れた断熱性能を実現

『CC断熱仕様』なら冷暖房に頼り過ぎず、夏は涼しく、冬も暖かく過ごせるので快適です。家は大切な家族が心地よく健康に過ごす場所。『高断熱住宅』は、数々の健康改善効果が科学的に証明されています。

※CCとは「COOL CHOICE(クールチョイス)の略。温暖化対策に資する「製品」を選ぶなど、「賢い選択」を促す新しい国民運動のことです。

CC断熱仕様

ZEH基準レべルを満たす外皮性能

省エネ基準では、外皮面積あたりの熱損失量を示す外皮平均熱貫流率(UA値)による基準が採用されています。『CC断熱仕様』では、壁や天井などに高性能断熱材を使用、さらに断熱性に優れた高性能樹脂サッシを使用することで、ZEH基準レべルの強化外皮基準をクリアしています。(※4~7地域)数値が低いほうが良い

ZEHの定義

断熱評価方法

2種類の選べる高性能樹脂サッシで
“高断熱”を実現

優れた断熱性能を発揮するLIXILの高性能複層ガラス「エルスターS」と、トリプルガラス「エルスターX」を標準の窓に設定。熱を通しやすいフレームの露出を抑え、熱を通しにくいガラス面積を拡大。

ガラスに特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、空気に比ベて熱伝導率が低いアルゴンガスを封入することで、採光性・意匠性を高めながら、高い断熱性能を実現しています。

高性能樹脂窓3層ガラスのエルスターXの
断熱性能は一般的な複層ガラス窓の4倍!

窓の断熱性は、サッシやガラスの素材で大きく変わります。アルミ窓・複層ガラスの一般的な窓と、樹脂窓・3層ガラスの高性能窓エルスターXを比べると、UA値熱貫流率※に約4倍の差が。高性能窓なら、冷暖房費も低く抑えられて経済的です。

※ガラスの室内側、室外側で1°Cの差があった時、ガラス1m²を1時間のあいだに通過してくる熱量を数値にしたものが熱貫流率といい、この数値が低いほど、「熱を通しにくい=断熱性が高い」ものになります。

エルスターXの断熱性能

暑さの7割・寒さの6割は窓が原因。
高断熱化の鍵は「窓」にあり!

建物の中で熱の出入りがもっとも多いのが開口部(窓)です。
窓などの開口部を通して、夏の冷房中に熱が入ってくる割合は73%、冬に暖房の熱が逃げる割合は58%にも及びます。暑さの7割、寒さの6割、は窓 に原因があります。窓の断熱性能を上げることで、夏は涼しく、冬は暖かい、快適な家が実現します。

窓の断熱性能

『CC断熱プラス』で高気密性能をグレードアップ

建物の気密性が悪い(すき間が多い)と断熱性能が極端に落ちてしまい経済的ではありません。断熱性能以外にも様々な部分に影響します。

※気密性能を表す相当隙間面積C値は数値が低いほうが良く高気密住宅と言われてる一般的な数値は2.0cm²/m²以下 公表している大手ハウスメーカーの最高レベルでもc値0.59cm²/m²です。

C値にこだわりぬいた『CC断熱プラス』では気密測定を行いc値0.5cm²/m²以下を目標基準に基礎断熱工法を取り入れて足元まで温度差の少ない生活を実現します。

  隙間相当面積
(C値)
家全体の隙間の大きさ
(床面積40坪の場合)
一般的な住宅 10cm²/m² 一辺約36cmの正方形
(1320c㎡)
次世代エネルギー基準
Ⅲ地域以南
5cm²/m² 一辺約26cmの正方形
(660c㎡)
次世代エネルギー基準
Ⅱ地域以南
2cm²/m² 一辺約16cmの正方形
(246c㎡)

窓の断熱性能

Copyright©ease juuken. All Rights Reserved.